1万円借りるのは今すぐは無理なのでしょうか?調べてみました

MENU

1万円ってすぐに借りられますか?

急に1万円が必要になった!?…なんて時、すぐに下せるお金があればいいですが、それができない場合はどうしたらいいでしょうか?親しい友人に事情を話して借りるといった方法もありますが、1万円といえばそこそこ大きなお金です。しかも、友人間におけるお金のやり取りというのは、金額に関係なくトラブルになりやすいもの。心証的にもあまりよくないですから、できれば借りるのを避けたいものです。

 

友人は除外するとなると、家族。でも、両親に借りるのもちょっと気が引けます。大の大人がみっともない…といったものもありますし、両親に心配をかけたくないといった事もあるでしょう。なによりも、両親だって生活があるのですから、むやみやたらに借りるのも気が引けます。

 

となると、残る方法は個人向けのローン会社で借りるといった方法。いわゆるキャッシングやカードローンです。でも、こうした融資では、数万単位でしか借りることはできないのでは?…なんてイメージがあります。お金があるとどうしても気持ちが大きくなり使ってしまう危険性も高いですから、できれば必要な分だけを借りれるようにしたいもの。その方が利息も低くてすみます。

 

キャッシングやカードローンは個人向けの無担保少額融資なので、1万円といった少ない金額でも借りることはできます。もっと低く設定しているところもあり、千円単位で借りることができるところもあるほど。学生さんや専業主婦の方も使いやすいように、そして無駄にお金を借りて返済が苦しくならないように、少額融資がおこなわれているのです。


申し込んだ日にお金が借りられる!

今のキャッシングやカードローンでは、1万円といった少額から借りることができます。しかも、申し込んだ当日にお金を受け取ることも可能。今すぐ借りたいという人の希望をあっさりと叶えてくれるのです。

 

ただし、申込時間には注意が必要です。営業時間外に申し込んでしまっては、いくらなんでも即日融資は無理です。平日の午前中に電話やインターネットのから申し込むことで、審査などの手続きがおこなわれ、その日のうちに銀行口座にお金を振り込んでもらう事が可能となります。

 

審査は申込みの順番でおこなわれるので、少しでも早い申し込みにしたいのであれば、光の速さで申し込みが完了するインターネットがおすすめ。パソコンだけでなくスマートフォンでも簡単に申し込みができますので、思い立った時に速攻で申し込みが可能となります。

 

ちなみに、申し込みができるのは20歳以上ですから、学生さんでも条件があえばOK。1万円であればかかる利息も安く、審査も通りやすいもの。最近では無利息サービスも増えてきているので、そうしたお得なサービスも利用したいですね。


1万円にかかる利息は?

お金を借りると聞くと、高い利息が付く…といったイメージがありますが、1万円を借りた場合の利息はどれくらいなのでしょうか?実は、少額融資ということもありそんなに高い利息は付きません。

 

利息の計算は、「融資額×実質年率÷365日×借りた日数」です。1万円の場合は、実質年率の上限が設定される可能性が大ですから、18%が適用されたとして、借りた日数30日で計算してみます。「10,000円×0.18%÷365日×30日=147.94…」となります。小数点以下を切り捨てて174円です。驚くほど低いですね。ATMなどの手数利用とどっこいどっこいです。

 

ちなみに、消費者金融白書において、消費者金融からの借り入れ額が記載されています。そのデータによると、10万円以下で借りている人が一番多く、次いで30万〜200万といった高額融資となっています。ただ、100万以上の高額融資を希望する人というのは、2010年以降は減ってきています。なぜなら、この時期に総量規制という法律が施行され、年収の3分の1以上は借りられないといった縛りができてしまったからです。


即日融資を希望するなら平日の午前中に

お金を借りるには審査を受けなくてはいけませんが、内容的にもそこまで厳しいものではありません。仕事はしているのか、収入はどれくらいなのか、きちんと返済してくれそうか…といった事を調べるだけですから、これまでお金に関するトラブルや、仕事が長続きしないでぶらぶらしている事が多いてなんてことがなければほぼ大丈夫。そこまで大げさに心配する事はないのです。

 

最近ではインターネットにある申込フォームに、収入状態や勤続年数などを入力する方法が主流となっています。面接といった事はありませんが、電話でいくつか質問・確認されるかもしれません。

 

審査の通りやすでいえば、やはり正社員が高くほぼ100%に近い割合で通ります。心配されることが多いアルバイトやパート、非正規社員などは、毎月安定した収入が確保できていればOK

 

審査に通ると、時間帯や曜日によってはその日のうちにお金を振り込んでくれます。即日融資がダメだったとしても、翌日は平日であればその日に。即日融資を希望するのであれば、午前中に申し込みをしてしまうのがいいです。


更新履歴