審査を受けるうえで押さえておきたいこととは?

MENU

年収と勤務先がポイント

1万円といった少額融資でも、やはり審査に通るかどうか不安を感じる人も少なくありません。申込時の審査ポイントはもちろん、消費者金融や銀行がどんなことを審査に求めているのか、そして重要視しているのかを知っておくと、不安も少しは軽減されます。

 

まず、消費者金融が審査をおこなううえで重要視しているのが、返済能力があるかどうか、そして安定した収入があるかどうかの2点です。前者は「年収」を、後者は「勤務先」の事でもあります。一般的には、年収300万円以上で、毎月の収入が変動することなく安定している、さらに大手企業勤務なら尚の事よし。審査に通過する可能性は十分高いものとなります。ただし、審査基準は申込先である消費者金融や銀行によって若干異なるものとなりますので、独自の基準で通らなかったりする可能性もあるわけです。

 

年収300万、大手企業というのは、ハードル的には高い方です。キャッシングやカードローンを利用する人というのは、必ずしもそうした年収や企業を得ている人だけではないので、そう心配する事はありません。勤務年数が長かったり、これまでのお金のやり取りで滞納などのトラブルがなければ、審査に通るのもそう難しくないのです。

 

また、申し込み時に設定する限度額を低めにしたり、申込書類を丁寧に、不備がないようにきちっと用意するのも大事。当たり前のことですが、意外とこういした事も判断材料にされるのです。意外と、勤務先よりも入力情報の不備で審査に落ちる人が多く、これは虚偽の申請をしていると思われるからです。勤務先の電話番号を間違えたりしたら在籍確認もできないと、審査事態ができないのです。会社の大きさ以前に、情報記入の間違いは致命的なものとなるのです。


希望限度額は低い方がいい

申し込み時に設定する希望限度額を低めに設定すると、審査に通りやすくなります。10万ほどにするといいでしょう。100万といった高額での設定を希望してしまうと、審査する側としては貸し倒れのリスクを懸念し、審査の判断もいくぶんか慎重に厳しくなるのです。しかも、総量規制といった法律からも、年収の3分の1以上は借りられないものとなっています。

 

この利用限度額は、申込者の収入などの属性情報や、現在・過去の借り入れ状況といった信用情報によって審査されます。また、貸す方としても上限限度額を設定しており、それは会社によって異なるものとなります。「アコム」や「アイフル」といった大手消費者金融であれば500万円ほどで、銀行などになると1,000万円といった大きな金額が設定されていたりします。

 

ちなみに、最初に設定した限度額は、利用状態によって増額されたり減額されたりします。滞納といった事もなく真面目に返済していれば増額するでしょうし、その反対であれば減額されたり、最悪利用中止となることも…。審査に通って使えるようになったからといっても、油断しないようにしたいもの。1回滞納したぐらいでは減額や使用停止にはなりませんが、あまり頻繁にトラブルを起こすと、せっかくのキャッシングも利用できなくなってしまいます。


関連ページ

無利息ローンはお得?
キャッシングやカードローンでは、顧客獲得に向けてさまざまなサービスがおこなわれています。 無利息ローンもその一つです。