金欠でピンチ!給料日までつなぐための賢い少額融資

MENU

1万ぐらいの少額融資なら利息の心配もなし

お給料まであと数日あるのに、生活費が足りそうもない…なんて経験、誰もが一度はあるのではないでしょうか?思いがけない出費などで、いつもは足りているのに今月はピンチになってしまう事は、さして珍しいことではありません。そうしたピンチ時に、1万円〜3万円程度をキャッシングすることで、ピンチを乗り切ることができます。キャッシングというと、利息がたっぷりとついて怖いイメージがありますが、1万円などの少額融資であれば、たとえ1カ月間最高利息18%で借りたとしても200円以下。少額融資は、そこまで高額利息が付く事はないので、お給料日にしっかり返済するつもりでいれば、デメリットはなにもないのです。

 

まず、キャッシングというのは、そこまで難しい怖いものではありません。しかも、思っているよりもずっと簡単。それが1万円などの少額融資であればなおさら。ほぼ誰でも審査に通ると考えていいでしょう。とはいえ、過去に自己破産した事がある人や度重なる滞納など…返済トラブルを起こしたことがある人は厳しいでしょう。お金のトラブルがこれまでなければ、特に問題なく借りられるものなのです。

 

ちなみに、1万円といった少額融資であっても、この金額がそのまま貸付限度額になるわけではありません。貸付限度額は「最高でこの金額までなら貸せます」というものですから、1万とか3万といった金額では低すぎて設定できないのです。ですから、たいていは10万といったきりのよい、それでいて高すぎない金額が設定されるものとなります。少額融資を希望するのであれば、10万も多いほどですね。


1万の少額融資希望でも、貸付限度額は10万

少額融資とはいえ、設定される貸付限度額は10万円が一般的。ですから、借りようと思えば、1万円ではなく10万円を借りることもできるのです。ただ、「10万まで借りられるんだ!?」として、予定よりも多くのお金を借りてしまうのはNG行為。絶対に必要だったお金が1万、ついつい借りてしまった10万…では、借りた後の利息の差が多く、返済するのも大変なことになってしまいます。10万円なんてそうそう使わないと思っていても、意外と手元にあるとあっという間に消えてしまうもの。それくらい危ないものですから、くれぐれも「まだ借りられるから…」といって、予定以上のお金を借りてはいけないのです。

 

ちなみに、キャッシングやカードローンは、銀行や消費者金融で申し込むことができます。ただ、少額融資であれば、銀行よりも消費者金融のほうがおすすめです。融資までの時間が短い事だけでなく審査も通りやすいので、急いでいる人には最適です。銀行よりも金利が高くなりますが、1万といった少額融資であればそこまで大きな差がでるものではないです。1万円を1カ月間借りても、銀行と消費者金融の間にある金利は数十円ほど。希望する融資の金額が大きく、返済も数回に分けておこなうのであれば銀行の方がいいかもしれませんが、そうでなければ消費者金融でも大丈夫です。細かい比較検討は必要ないですから、有名な会社にさっさと申し込んでしまいましょう。


金欠でピンチ!賢い少額融資記事一覧

少額融資の利用者は年...

1万円といった少額融...